pr-lp-top2imasugu


konnakotodenayanndemasenka
onayamikaiketsu

akasu-jijitsu

このページを読んでくださりありがとうございます。
元全国紙の社会部記者で株式会社クマベイス代表取締役の田中森士と申します。

突然ですが、みなさんは「プレスリリース」という言葉を聞いたことがありますか?
実はこのプレスリリース、企業などがメディアに取材してもらう上で、非常に有効な手段なのですが、
意外と知られていません。また、活用していたとしても、見当はずれの内容で効果が全く出ていない
例がほとんどなのです。

jijitsu1

プレスリリースとは、企業や団体等が報道機関に向けて行う発表のこと。
一般的に、発表内容をA4サイズにまとめ、FAX等で配信します。


実は報道機関に所属する記者たちは、情報収集源の7割をこのプレスリリースに依存しています。デスク(上司)からは「独自記事を書け!」と発破をかけられますが、すべての記事が独自なんてことは到底不可能。記者時代の私もそうでしたが、日々の紙面を埋めるため、送られてくるプレスリリースからネタを探しているのです。これを活用しない手はないですよね。

jijitsu2

そんなプレスリリースですが、実はどんな企業や団体、個人でさえ配信してよいのです。
もちろん、報道機関に対して配信するので、「ニュース性」が必要になってきます。
ニュース性があるとは、「話題性」「社会性」「季節感」「地域性」「歴史・文化」などの要素
が入っているかどうか。ここが最初の関門といえるでしょう。

jijitsu3

メディアに出るためには、お金が必要だと思い込んでいる方が多く見受けられますが、
実は大間違い。もちろん、何十万円、何百万円というお金を払って出演する「広告記事」「PR番組」なども存在しますが、
プレスリリースを元に取材された場合、基本的に無料でメディアに露出することができます。


ただし、最近ではプレスリリースを見て広告記事の営業電話がかかってくるケースも増えているので、
くれぐれもお気をつけください。繰り返しますが、プレスリリースを配信することで、無料で
メディアに露出できるチャンスが巡ってくるのです。ただし、大きな事件が発生した際など、どれだけ素晴らしいPR企画をリリースしても、メディア側の事情で取材してもらえないことも当然あります。「プレスリリース=即取材」ではないということは、しっかりと頭に入れておいてください。

jijitsu4

ライフスタイルの多様化などにより、広告やCMを見る人の数が減ってきています。
そんな時代だからこそ、プレスリリースの重要度が高まっているのです。
なぜなら、プレスリリースを元に取材を受ければ、「記事」「ニュース」としてその媒体に
出ることができます。読者、視聴者のメインの目的であるため、当然、真剣にみる人ばかりです。
また、メディアの「お墨付き」があるため、信頼度が非常に高まります。


弊社のお客様の中にも、広告費換算で2000万円以上メディアに露出し、注文数が3倍に伸びた方も
いらっしゃいます。その方にお支払いただいた費用は、プレスリリース作成費用のみ。
広告費等は一切いただいておりません。

jijitsu5

残念なことに、実際に送られてくるプレスリリースのほとんどは、全くネタとして使えないものばかりです。
記者は通常業務に忙殺される中、多い日で1日に100枚以上のプレスリリースに目を通しています。
そんな状態の時に新商品紹介など、DMとなんら変わりのないプレスリリースが送られてくると、
それだけでその会社に対する印象が悪くなる可能性すらあります。

記者はプレスリリースのタイトルだけ見て「使える」「使えない」を判断しています。
その判断にかける時間はわずか「3秒」。いかに記者が食いつくプレスリリースを作成するかが
非常に重要なのです。

jijitsu6

ではどうすれば記者が食いつくプレスリリースを作成できるのでしょうか。
答えは「訓練あるのみ」。PRの書籍などには、プレスリリースの書き方が
細かく書いてあります。しかし、スタイルやレイアウトなどの説明ばかりで、
それを読んだだけで書けるようになるとは到底思えません。

あまり語られてないことですが、「プレスリリース=新聞記事」であり、
「プレスリリース=テレビのニュース番組」なのです。プレスリリースを出すということは、
ニュースを作り出すということに他なりません。しかしながら、ニュース価値の判断ができるようになるには、相当の訓練が必要。さらにネタ(ニュース)の掘り起こしができたところで、
見出し、リード、本文という新聞記事と全く同じ構成でプレスリリースを作成する必要があります。

一朝一夕にはいかないが、一度取材してもらえれば宣伝効果は抜群。かつ、費用対効果も素晴らしい。これがプレスリリースの本質なのです。

omakasewo

メディアの内情、記者の心理を熟知した我々のサービスは、国内トップレベルの実績を残しています。クオリティと結果を求めるのならば、ぜひ我々におまかせください!

riyuu2 riyuu3

riyuu4 riyuu6

medal4jisseki

price10

price3 price2

profile3
profile2 prolife3




koe
yamashitasan2yamashitasan-koe3


ishidasan2ishidasan-koe3

nagare1nagare10nagare11nagare12

お問い合わせ・無料相談フォーム

  所属
  氏名
必須メールアドレス
  電話番号
  お問い合わせ内容
必須メッセージ本文

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
メールアドレス、メッセージ本文は必須項目です。